サイエンス・フェスタ 2022
ガイドブック

第31回 青少年のための科学の祭典 大阪大会
青少年の創造力とこどもの想像力を育む科学実験と工作教室
基本テーマ「ウィズ/ポストコロナ時代にいきる」

熱の実験
ガイドブック 一覧
サイエンスフェスタ2022
★全ガイドブックはこちら★

1 - 3 件目を表示中
( 全3件 )

動画あり
ブース出展 (ホール)

17. マイナス196度の世界
大阪産業大学
デザイン工学部 環境理工学科
硲隆太 西田哲也
大会1日目

液体窒素を用いてマイナス196°Cの世界をのぞき、常温では見られない現象を体験しよう。例えば、天然ガスは通常気体ですが、マイナス162°Cに冷やすと液体になり、体積が約600分の1となります。この性質を利用して海外から効率的に輸送しています。...

★ガイドブックはこちら★
PDFでご覧いただけます
(実験動画もこちらから!)

ブース出展 (C25)

23. 火打ち石で火を起こそう
子ども科学教室ボランティア集団「夢工房」
代表 吉田眞一
大会1日目
大会2日目

ヒトの長い歴史の中で、”火”は、大きな役割を果たしてきました。どのようにして火を起こしたのでしょうね?石器の時代から、1827年にマッチが発明されるまで、一番長い間使われていた火起こしの方法は、『火打ち石火起こし』です。ジェームズワットの蒸気機関が活躍し始めた頃も、ボイラーの火は、『かちかち山の火起こし』でした。鉄に、...

★ガイドブックはこちら★
PDFでご覧いただけます

動画あり
野外出展 (テニスコート)

57. ドラム缶つぶし、アルミ缶つぶし
大阪府立東住吉高等学校
理科研究部 至田雅一
大会1日目
大会2日目

深海に住む魚にはとても大きな水圧がかかっています。実はそれと同じように深い大気の底に住む私たちにも大きな大気圧がかかっています。その力を利用して頑丈なドラム缶を一瞬でつぶすことができます。ではどうやってつぶすのでしょうか。また、私たちはなぜつぶれないのでしょうか。色々と疑問がわいてきますね。一緒に考え学んでいきましょう...

★ガイドブックはこちら★
PDFでご覧いただけます
(実験動画もこちらから!)


1 - 3 件目を表示中
( 全3件 )
サイエンスフェスタ2022
★全ガイドブックはこちら★

特別協賛
(2022年大会)


特別出展
(2022年大会)


協 賛
(2022年大会)


後 援
(2022年大会)


特別協力
(2022年大会)


主 催
(2022年大会)